土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年6月15日(水) 14:02

叙勲の話の拾遺&舛添問題

 拾遺と言う言葉が相応しいかどうか解りませんが・・・・・。
 前回、私が陛下への御礼言上役に選ばれた理由を幾つか想定しましたが、その後、やはりAの総務省が気になっています。
 総務大臣は高市早苗さんだし、副大臣は土屋正忠さんだし、政務事務次官は嵐の桜井君の御父君だし、昔の自治省が今の総務省だし、とか?、でもまあ、やっぱりAは無しか?

 スポーツジムのゴルフ仲間によるお祝いコンペのあとの祝賀会では寸劇まで用意されておりました。
 Sさんが陛下に、Tさんが私になり、Tさんはちゃんと私の御礼の言葉を正確に言上しました(イントネーションは全く違ったが)。
 最後にはSさんとTさんが握手し、更に、それどころか畏れ多い事にハグし合いましたので、皆さん大笑いでした。
 司会・進行の方のSさんは、普段の礼儀正しい寡黙さとは打って変わり、仕切り屋ぶりも盛り上げ方も超一流で、とても驚きました。
 中締めのOさんのご挨拶は、さすが大和市民。私の現職当時の業績評価をいろいろ話して下さいました。
 
 さて、人間「棺を覆うた時にその人の評価は定まる」と言いますが、都知事の舛添さんは思っていた以下の下劣な人で、棺を覆うまえに評価が下落しました。
 彼はその昔、冨澤あつひろさんが確か県議当時、応援弁士として大和にきました。国際政治学者といった、よく分からない肩書の胡散臭い人物でした。
 「氏・素性」とか「氏より育ち」と言いますけど、氏も、素性も、育ちも・・・、やっぱりです。

 さて今回の都議会ですが、地方自治法に定められた100条委員会を設置しなかったのが本当は問題なのでした。
 総務委員会で5時間も集中審議したら、政策企画部・総務部・財務部などの局長以下が、そのために拘束されしまうのです。大変な無駄遣いと、都の行政が停滞してしまったのです。
 当初、自民党都議団は庇(かば)おうとしていた。だから舛添さんが知事の椅子にしがみ付いていたのです。
 いよいよ世論やマスコミの追及が厳しくなり、気(?)を見るに敏な与党の公明党は、サッサと野党各党の不信任案の方に鞍替えしたのに、自民党は知事が自ら辞職するように説得していたようでした。結果的にそうなりましたが、ここはやはり辞職勧告とか、不信任決議とかにするべきだったのです。
 空気が読めない自民党は末期症状でもあります。
 
 それから、クールビズとかのスーツ姿にノーネクタイは絶対に良くないですね?
 私は本業がメンズショップ経営のアパレル業界出身。石津謙介さんのVAN製品(トラッド・アイビー ファッション)などを取り扱っていたお店(藤沢・大和・世田谷)を経営していましたから、特にこだわるのです。
 スーツではなくジャケットかブレザーならノーネクタイやポロシャツでも良いけれど、スーツでノーネクタイは、まるで逮捕された“容疑者”です。
 舛添さんも、甘利さんも、犯罪者ぽかったのは、そういうビジュアル的な印象もあるのです。
 こういう時こそ、ネクタイをするべきでしょう。
 
 最後に、私が市長の時に職員によく言った言葉を舛添さんに送ります。

   「爾の俸、爾の祿は、民の膏、民の脂なり。下民は虐げ易きも、上天は欺き難し。」(福島二本松の戒石銘より)

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨