土屋きみやす−ツッチーレポート

2016年7月31日(日) 13:48

都知事選挙はさておいて、春学期定期試験の採点と評価がとりあえず終わりました。

 都知事選挙は、とにかく「2度あることは3度ある」ではなく「3度目の正直」の人に当選していただきたいが、都民の選択民度と都議会の低レベルを見る限り、あまり期待しない方が良いかも・・・。

 さて、私の仕事である。
 大学の春学期試験は終わったが、その後が実は大変なのである。
 @ まずテストが無事に終わること。
 A 用紙がチャンと人数分回収できているか?
 B 採点に間違いや不公平はないか?
 C 評価(ランキング)に間違いや不公平がないか?
 D 期間内(8月5日午後5時締切)に評価(ランキング)を登録できるか?
 などなどである。

 とりあえず、採点とランキングが終わったが、これから更に締め切りまでチェックや精査をしなければならない。

 今年の春季は2時限目138人、4時限目127人というとても多い登録であったが、双方で10人程度が途中で脱落(出席日数不足や受験せず)している。この学生たちは「評価不能」の不合格(Z)で処理できるが、非常に残念で、気の毒なのは、出席日数は足りているのにペーパーテストの成績が悪く不合格(D=単位与えられず)にしなければならない学生がいることである。
 今回、双方のテスト(出題の内容は異なる)で100点満点は1人もいなかったが、全員が出来ないという問題もなく、全員が出来たという問題もなかったことには出題者としては満足している。
 それらの結果から、90点台に最高ランクのAAを付け、以下単位を与えられる学生にそれぞれA+、A、A−、B+、B、B−、C+、C、を付けた。
 大学側が求める「B+、B、B−、に受験生の30〜40%を」、という要望にも合致した設問であった。

 2時限目の回答で多かった間違いは、
 地方六団体のそれぞれの議長会(全国都道府県議会議長会・全国市議会議長会・全国町村議会議長会)のチョッとした間違いや書き損じ(町を長に)などが多くあり、残念であった。
 また、講義で「五日市憲法」を取り上げた為か、戦後の現行憲法制定時に参考にした明治時代の自由民権運動での憲法草案(私擬憲法)は?という設問で、五日市憲法と書いた学生が多かった。五日市憲法が発見されたのは昭和40年代なので不正解である。これも残念であった。

 4時限目での多かった誤りは、都知事選挙に関連して第179条の決議(「不信任・解職」)を「解散」としたり、西暦2000年施行の「地方分権一括法」を「自治基本条例」と書いた学生が案外多かったことなどである。(自治基本条例の授業に力を入れたせいであろうか?)
 また、四書五経の『大学』にある「修身斉家治国平天下」の中の文字を埋める設問で「○天下」の○に「三日」や「天上」とあり、明智光秀やお釈迦様を思い浮かべて苦笑した。さらに「炎」という回答も数例あり、思わず猛暑の中での採点だったのでこれには声を出して笑ってしまった。

 いずれにしても、少しでも回答者の意図を良く理解して採点したつもりだが、厳しくする所は厳しくしなければならず、将に「泣いて馬謖を斬る」の諸葛亮孔明の心境であった。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨