土屋きみやす−ツッチーレポート

2017年2月20日(月) 10:33

2月中旬の事など。

母校である県立厚木高校同窓会「戸陵会」の支部の1つ「子鮎戸陵会」から講演依頼があり、2月15日におこなって参りました。
 演題を主催者にお任せ致しましたら、添付のレジュメにある「相模の国の発展に活躍した人々について」という題でした。
 相模の人物というと、やはり地元でもあり、次から次へと下記の人物名が頭に浮かんできました。
 源頼朝、太田道灌、伊勢新九郎(北条早雲)、尊徳二宮金次郎、権田直助、咢堂尾崎行雄、吉田茂などなどであり、1時間の講演ではとても時間が足りませんでしたが、どの人物も話したい逸話等沢山あるので、総花的でしたが早口で約1時間、お話をさせていただきました。
 出席者の三分の一以上が同期の友人たちでもあり、おおむね好評だったようで、懇親会の席でも今後、「他の支部や本部の連合会で講演を頼もうか」、といった話もあり、とても嬉しい一日でした。

 翌日の16日からは2泊3日で、北陸の金沢と白川郷などを旅してまいりました。
 北陸新幹線に乗ってみたいのと、今まで何度か金沢も白川郷も訪れてはいるのですが、雪の季節に行ってないので、雪景色を見たいという理由、更には温泉や紅ズワイガニなどの日本海のお魚料理を堪能したい、といった理由でした。

 残念ながら金沢には雪が無く、兼六園の雪吊りも徽軫(ことじ=琴柱・雪見)灯籠もチョッと淋しい雰囲気でした。



 富山の白川郷のほうはさすがに雪深く、合掌造りのかやぶき屋根の雪は圧巻で、裏山の展望台から幻想的は風景を写真に収めることができました。


 今回、訪れた所で、想定外というか予想以上の収穫が、拝観した2つのお寺でした。
 1つ目は加賀百万石祈願所の「日蓮宗 正久山妙立寺」。ここは俗に“忍者寺”と言われておりますが、そんな軽薄な通称のお寺では無く、造りも立派で、隠し階段、落とし穴階段、仕掛け賽銭箱、屋内の太鼓橋などなど、四階七層二十九階段の小さなお城の内部のようなお寺でした。添乗員さんもホテルでも、「予約が必要なお寺」といわれましたが、お寺に行ってインターホンで次の時間までに予約をすれば拝観できました。是非、皆さまも行って見て下さい。

 もう1つは国宝の「高岡山瑞龍寺」。こちらは曹洞宗のお寺で、とにかく圧巻でした。
 特に仏殿。鉛板で葺かれた屋根を支える為か、総欅(ケヤキ)造りのその屋根裏の上層軒組、扇垂木、エビ虹梁などは何時まで見ていても見あきないほどの素晴らしさでした。
 白川郷の合掌造りはもちろんですが、日本の建造物、とりわけ寺社建築の素晴らしさを堪能しました。

 ツアー旅行の欠点である駆け足観光や、お土産店への多い立ち寄りも、そもそもツアーとはそういうものと受け止め、それなりに自分の見方(興味のあるところに自分が集中すること)や、利用の仕方(トイレ休憩やコーヒータイムやソフトクリームタイムとして活用)で充分楽しめました。

 新幹線、ホテル、温泉、バスの移動、お料理、帰りの飛行機と、旅の満足に華を添えてくれた旅でした。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨