土屋きみやす−ツッチーレポート

2017年4月14日(金) 11:32

大好きな桜を愛でに、京都と吉野に行って来ました。

 9日に行われた鎌倉婦人子供会館活動支援の「古都鎌倉でブルーグラスミュージックを楽しむチャリティコンサート」が、無事に終わりました。生憎の雨の中でしたが、会館の活動としては会館のバザーに次ぐ多数の来場者(お客さん125名、バンドメンバー・出演者&ボランティア45名)で、第3回目の今年も来場者記録を更新いたしました。ご来場いただきました皆さまに、主催者の一人として心から御礼を申し上げます。来年はもう少し暖かな季節にして、ここの素敵な中庭で行おうと話しております。その節はまたよろしくお願いいたします。



 そうそう、我がバンドのステージ(写真)と、私事ですが私の総合司会並びに出演時のトークなど、全体的にはおおむね好評のようでした。(私の唄と演奏は失敗だらけでしたが・・・)。

 翌10日は、家でいろいろな用事を済ませたり、11日の明治大学の講義準備に終始しました。

 11日は結構強い雨で寒い1日でしたが、早めに家を出て神田神保町すずらん通りの「キッチン南海」でクリームコロッケカレーを食べてから明治大学に向かい、無事に講義を済ませました。
 第一回目のこの日は主に現行の日本国憲法成立時の事などをテーマにした話をしました。

 12日は早めに自宅を出発して羽田に向かい、伊丹空港へ。
 空港から最初に向かったのは京都の御室仁和寺。今年は全国的に桜が不順の為、遅咲きの御室桜はまだまだ蕾でした。本堂(金堂)などお参りしたあと、境内を散策いたしました。今までも3〜4回お参りをしているのですが、昔より外国人など観光客が多いのには驚きました。40年ほど前に来た時は桜が満開でもこんなでは無かったし、千社札が貼れるくらい来場者が少なかった。  山門の私の札(仁王様の左の先に見える)が無事に残っていました。



 続いては、しだれ桜の斎王桜(ピンクの方)と御所桜(白い方)が朱塗りの鳥居などに映えて美しい上賀茂神社。



 そして平安神宮へ。平安神宮の庭園は神田水道橋の後楽園を大きくしたような回遊式の庭で、なかなかのものでした。



 その後、南禅寺に向かい、南禅寺からずっと哲学の道を歩き、そのあと円山公園へ。この日は19061歩、歩きました。



 その後、奈良に移動。夕食を食べてからホテルに。
 13日は朝から吉野山。

 高校時代に覚えた次の古文のフレーズから、一度は来たかった吉野です。

  「頼山陽 母を奉じて吉野に遊び 一目千本に至る。 母 大いに喜びて曰く “桜花爛漫として雲のごとし”」


 幸い暖かな日になり、桜見物には最高のお天気でした。
 下千本と中千本辺りまで歩き、”一目(ひとめ)千本”といわれる吉野の桜を堪能いたしました。



時間的な制約もあり、とても上千本、奥千本までは行かれませんでしたが、全山には約1万本の山桜があるといわれております。この日は15802歩、歩きました。

 もちろん金峯山寺にお参りし、本尊の金剛蔵王大権現を拝んでまいりましたが、大きな本堂の内陣一杯に立つ、3体の秘仏の迫力ある形相と、その大きさにも圧倒されました。
 また是非訪れたい場所です。

 奈良県は通り過ぎたことはありますが、訪れた事が記憶にない最後の県でした。」
 まだまだ奈良にも訪れたいところが沢山ありますが、とりあえずこれで日本全国47都道府県は全て走破した事になります。

 次は改めて、西国観音霊場(和歌山・奈良・大阪・京都・滋賀など)遍路を目指したいと思います。

written by kimiyasu [ツッチーレポート] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(0)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨