土屋きみやす−ツッチーレポート

2007年5月2日(水) 00:00

アパラチアン・オートハープ

アパラチアン・オートハープ
これも女房の持参品。
ランバー・ジャックスの小川さん旧蔵。

written by kimiyasu [楽器コレクション] [この記事のURL] [コメントを書く] [コメント(2)] [TB(0)]

この記事へのトラックバックPingURL

Comments

『渋いですね〜』

こんばんは。はじめまして。
突然の書き込みで失礼いたします。

お写真のオートハープは、eBayでもあまりでてこないタイプのもののように思えますね。
このころのOSは、今とか全く違うナット&ブリッジ方式で、音は今のものより大きくブライトと思われます。

よいものを見せていただきありがとうございました。

written by 小坂@十勝産

『小坂@十勝産さん:』

 まあ、良くご覧いただいて、ありがとうございます。
 オート・ハープはチューニングが大変でね。
 チューナーというか、独特のねじ回しのようなセットはあるのですが、問題は基本の音です。
 昔は家にピアノがあったけど処分してしまったので、その後は「かわせ楽器」に持ってて、チューニングしてもらったり、別のオート・ハープを友人に借りたりしていました。
 最近は重いから、弾いていません。

written by ツッチー

TrackBacks

土屋きみやす−ツッチーレポート

MySketch 2.7.4 written by 夕雨